夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自ら選択できる社会に


映画「かぞくのくに」(第62回ベルリン国際映画祭アートシアター連盟賞受賞)を
見てきました。

70年代に「帰国事業」でパラダイスと謳った北朝鮮に、日本からに渡って行った兄を
めぐる日本に住む家族の物語。

パラダイスどころか、家族の住む日本に戻ることも困難を極める状況。

自由とは何だろうと、改めて考えさせられました。

自分の人生を、自分で選択できること。当たり前のようだけれど、この当たり前のことが、
できない場所が、まだまだ存在する。

主人公が語る「おまえは自分自身の人生を自分で選択して」と言う言葉が、
自分に言われたように思えました。

今日やること、食べること、遊ぶこと、働くこと・・・等々、選択できるありがたさを
感じつつ、そうできない人たちのことも、やはり頭に置いておかなければいけません。

映画の監督をなさったヤン ヨンヒ氏は、
原作者でもあります。

兄~かぞくのくに

兄~かぞくのくに


いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。