夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさな心配事に巻き込まれない

今日は、京都に出張でした。

関が原周辺での雪が凄かったです。
(到着も40分の遅れとなりました・・・・)

帰りに京都駅に立ち寄ったのですが、
地上45mにある空中経路がよかったです。

先日読んだ「信長の棺」にでてきた愛宕山などの
場所もわかって、興味深く景色を眺めて帰りました。

長いエスカレーターも、おのぼりさん状態で
上まで乗ってみました。

さてさて、仕事の方も年度末で、締め切りが多くなってきました。

仕事をしていると、心配事も尽きないのですが、
小さな心配事に押しつぶされないように、
一呼吸おいて、大きな視点から、物事を見るようにしています。

心配事の「部分」ばかりを見ていると、そこしか見えなくなりがちです。

だから、「大きな視点」からもみるように、心がけてます。

(そうしないと、心配事に巻き込まれてしまうので・・・・)

もう一つ大切なのは、
小さい心配事(出来事)にもきちんと対処していくこと。
面倒と思われる地道なステップも、
きちんと踏んだほうが、結局得るものが多いようです。

クリアできたときの安堵感(ほっとするひと時)も、
ありがたいものです。

今、ピーター・セージさんの
『自分を超える法』
を読んでいるのですが、

自分を超える法


本に紹介されているアンソニー・ロビンズの
次の言葉が心に引っかかりました。

「人生の質は、あなたが居心地の良さを感じられる、不安定感の量に正比例する」

というものです。

安定感のみを求めがちですが、居心地のよい「不安定感」
って、「不安定」に生きてきた部分もあるので、
なんとなく納得です。

そもそも「安定」ってものが幻想なのかもしれませんしね。

「不安定」も味方にして、年度末を乗り切ります。


いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。