FC2ブログ

夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

過去を統合していく

ユングは40歳を 『人生の正午』 といいました。

今は当時より寿命も延びているので、45歳くらいでしょうか。

この年代は、経験をもとに様々なことが行うことができる、
いわば、脂の乗った時期であると同時に、残りの人生を見通していく時期でもあります。

孔子は 『四十にして惑わず』 といいましたが、
第2の人生にむけて、惑う人も多いのではないでしょうか。

私は、結構、惑っています。

本業の傍ら、今までやりたかったカウンセリングを勉強し、
仕事としても少しずつ携わることができました。

理想的な2足のわらじと言いたいところですが、
もっとカウンセリングの仕事をしたいという気持ちと、
食べていくために本業も頑張らねば、という
板ばさみな感じにもなっています。

そんな中で、このままでよいのだろうか・・・・
と考えることもしばしば。

ヒントはここにありました。

金井 壽宏さんの

『働くひとのためのキャリア・デザイン』

働くひとのためのキャリア・デザイン (PHP新書)

ユングの人生の正午についても、こう解説があります。

-----------------
午前の昇る太陽の勢いはすさまじいが、その勢いゆえに背景に追いやったもの、
影になってしまったものを、しっかりと統合していくのが、
人生正午以降の課題だという。

正午より後は、午前には影だったところにも光があたる。
深い意味で、真の個性化は、四十歳以降に始まるのである。
-----------------

いままで勢いよく走ってきて得た経験を統合し、
自分のものにし、味わうという感じでしょうか。

ミドルに差し掛かった人が、過去のように華やかに仕事できないと
悩んでしまうときもあるかと思います。
そのようなときも、「統合」は重要なキーワードになるのではないかと思います。

----------------
(一部略)この課題を直視する方法は、自分のベスト・ジョブを
振り返り、今後、それをムリして力ずくで乗り越えるのではなく、
いかなる形でかつてのベストジョブをより深く自分のなかに統合し、
より若い世代を育むなかで、継続して意味のある想像的なものを
生み出すことができそうか
、内省してみることである。

これができれば、いくつになっても一皮むける経験を
さらに重ねることができるようになる。
-------------------

自分の経験を統合しながら、若い世代に引き継いでいく・・・・・

仕事に以前のようなワクワク感を見出せなくなってきたのですが、
この言葉を読んで、若い人のよさと自分のよさをミックスさせていけばいいのだと、
光が差し込んだ気持ちになりました。

ちょうど、優秀な若い人と組んで仕事をしているので、
この「統合」の考え方は、一筋の光となりました。

過去を統合しながら、新しいものを生み出していきましょう。


いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

情熱を傾けられるもの

池井戸 潤 さんの

『下町ロケット』

下町ロケット

とてもよかった。

下町の中小企業の社長と従業員が
ロケットエンジンに情熱を傾ける。

そこに行き着くまでの紆余曲折がリアルで
感情移入しながら読めました。

読んでいると映像が浮かんできて、これはドラマ化されるだろうなー
と、勝手に配役を思い浮かべて読んでいました。

読み終わって調べてみたら、8月からWOWOWではじまるそうです。

見たいなー、しかし、WOWOW入っていない・・・・・

ここまで情熱を傾けられるものってなんだろう、
もう一度、自分自身を見直してみようと思いました。

小説ってすばらしい。


いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体