夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もやもやが、線がつながるとき

今まで学んできたこと、経験してきたことが、
一本の線で すっーとつながる瞬間があります。

部分的には、理解できていても、
全体としてつながらない

それが、つながったとき、無常の喜びを感じます。

この本で、つながりました。

苫米地 英人さんの
『夢をかなえる洗脳力』

苫米地さんの本は今まで、何となく、
波動が合わない感じがして 読まずに来たのですが、

読むタイミングがよかったようです。

『時間は未来から過去に流れる』

『抽象度を上げる思考』

という考えは、自分にとって、パラダイムの転換でした。

---------------------

人生は選択の連続ですが、
「あの時の選択は正しかったのかな?」
「あの時こうしておけばよかった・・・」
などと、悔やむことが しばしばありました。

いや、表面上(顕在意識)では、 「今が大切」 と
言い聞かせてきましたが、
心の裏側では、 「あの時、もしも別の道を・・・・」などと思ったり、
「今、自分は正しい選択をしているのだろうか」 などと
迷ったりしていました。

パラダイムシフトはここです。

『時間は未来から過去に流れる』

過去の出来事の結果として、未来があるのではないのです。
(すみません・・・感覚で腑に落ちてしまったので、言葉では、
上手く伝えられないのですが、興味のある方は是非、本を読んでみてください)

(私の解釈)
あるべき未来(夢)を想定できれば、
そこ(未来) から向かってくる現在は、
夢を叶える途上にあるのだから、
ベストな選択であるし、ベストな状況である・・・・・


感覚的に理解したことをを言葉にすると、このような感じです。
上手く伝わっていますでしょうか。

過去だけに捉われない、考え方・・・気が楽になりました。

大切なのは、未来であり、そして、そこにつながる現在ですよ。・・と

ここで、ようやく「今が大切」という意味が分かった気がしました。


そして、「夢」というのは、
競争社会でいわれている、「何かを得る」とか、「勝ち進む」とか、
そういう小さなものではなく、

もう少し大きい概念
・・・・苫米地さんはこれを抽象度を上げる と言っています・・・・
自分だけなく、他者や社会に枠を広げた夢、と言えばよいでしょうか、

「今やっていることって、本当に役立っているのかな・・・・」
などと、思うこと、迷うことが、しばしばありましたが、

大きな夢に向かうイメージがつかめたので、
今に対する承認ができました。

今回は、直感的、感覚的に 理解できてしまったので、
上手く伝えられなくて、ごめんさない。
(文章長いしね)

-----------------------
Christmas List - 平原綾香

抽象度を上げた夢って・・・こういうことではないかな。

クリスマス・リストに何を書きますか?



いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

霧のなかに希望がみえた

壁にぶつかって、悩むことあります。

昔は、「悩まないようにしよう」と思っていました。

少しゆがんだポジティブ思考でした。

「悩んでもいいんだよ」と 声をかけてもらってから、

気軽に?悩めるようになりました。

次のステップに進むための壁、
悩み・・・・・

霧が晴れつつあります。
少し光がみえてきました。悩んだかいが、あるというものです。

-------------------

そんな中、自分にぴったりくるメッセージがあったので、
書き留めておきます。

建築雑誌をめくっていたら、飛び込んできました。

建築家 平倉直子さんが
若手建築家に向けたメッセージです。

----------------------------
うまくやってこられた秘訣は、
常に「このプロジェクトが最後かもしれない」という覚悟で、
目の前にある仕事を一生懸命やってきたこと。
いまのプロジェクトでできないことは、
次のプロジェクトでもできないと、
自分を追い込んだ。
振り返ると、この姿勢がよい結果をもたらしてくれたと思う。


日経アーキテクチュア 09・10・26
----------------------------

今の仕事でできないことは、
次の仕事でもできない・・・・


ついつい、次もあるから・・・、先は長いから・・・・、
などと、余力を残して、仕事や物事にあたりがちですが、
「これが最後」という覚悟をもって、
事にあたることの 大切さを 改めて感じました。

「これが最後」という覚悟
「一期一会」

通じるところがあるなー。

いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

“やりたいこと”がたくさんある弊害

学びたいことがたくさんある

たくさんあるが、やりきれていない

やれていないと、不安になる

もっと学ばなくては、
もっと自分を高めなくては 
と・・・・

そして、 “やりたい” は 
いつしか、“ねばならぬ” にすり替わっている

もっと がんばって “やなねば” と・・・・

認知を変えよう

まだまだ、学ぶことがたくさんある
という、好奇心、向上心 を喜ぼう

一度にすべてはできないけれど、
着実にやっていることを 誉めよう

一番やりたいことから、やれば、
できなことがあってもいい
と 割り切ろう

----------------
何かを学ぶことは、
知らないことが まだあるということを知る
ことでもあります


わくわく感を信じて
謙虚に学びたいものです。

ありがとうございます

:スピリチュアル :癒し

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

準備の大切さ

道に迷ってしまった。

いつもは、下調べをしてから
出かけるが、
今日は、記憶をもとに、場所を探したら、
1ブロック間違えていて、道に迷った。

下調べの時間は、決して無駄ではない。

曖昧な準備で、物事を進めると、
結局、無駄な時間を費やすことになる。

すべてに通じる

準備だけで、行動に移さないのは問題だけど、
準備もせず、行動するのも、リスクが大きい。

人生もあせらず、準備しよう。

いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

一期一会が少しだけ分かった気がした

バシャールを読み、
高い波動に気持ちをあわせて、
一日を過ごしたら、周りは変わっていないはずなのに、
とても、新鮮な気持ちで人と接することができました。

毎日会っている人でも、
今、「この」 状況で、「この」 人と会うのは、
「この」 瞬間だけなのだな、
と思ったら、新たな気持ちになります。

一期一会の意味が少しだけ分かった気がしました。

貴重なこの瞬間に、ブログに目を通していただき
てありがとうございます。
一期一会。謝謝

いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

世界を自分で選ぶ、波動を合わせていく

住みたい世界を
自分で創造(想像)し、選択する。

『バシャール x 坂本政道』
人類、その起源と未来
 を読んでいます。

バ゙シャール  x 坂本政道 人類、その起源と未来

読んでいるだけで、波動が高くなっていきます。

自分が望む世界に 波動を合わせていくことの
大切さ 直感的にわかりました。

身の回りに起こる様々な出来事・・・
すべてに意識を向けることはできません。

だとすれば、意識をどこに向けるかは、
一人一人の選択でもあるはず。

自分が望む世界を十分にイメージして
そこに波動、波長を合わせていこうと思います。

ワクワクする世界がいいですね。
せっかくですから。遠慮せずに行きましょう。

いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

本当の自分探し

カウンセリングを勉強しているなかで、
2つのアプローチに出会いました。

一つは、問題の原因をみつけ対応していく手法

もう一つは、解決に焦点をあってて、そこに向かっていく手法
ブリーフセラピーなどが当たります。

個人的には、
「問題をいじくるより、解決に焦点を当てていく方がよいな」

と思っていたのですが、

最近、両者に良い点があると、気づきました。

そのきっかけは、この本

スーザン・バトソンさんの
『NEED 本当のあなたをさがす旅』


NEED 本当のあなたをさがす旅

スーザンさんは女優さんを経て、
「アクティングコーチ」(演技指導)をされている方です。
独自に開発したメソッドで、女優の二コール・キッドマンをはじめ、
多くの俳優の指導をされています。

スーザンさんは、真の演技をするためには、
無意識の奥の奥の方に押し込めている
感情や欲求に向き合うことが大切
 だと言います。

勇気を持って、抑圧していた自分の感情を受け入れると、
革命的な変化が起こるそうです。


この本は、
アクティング・コーチの手法を一般の人の人生にも生かせないか
というオファーを受けて、日本の読者向けに書かれた本です。

アクティング・コーチは3つの柱から成り立っていて、
そのキーワードは、

「ニード」(本当の自分の欲求)
→ これを探すことが大切

パブリック・ペルソナ」(公的な人格)
→ 外向けの顔ですね

「トラジック・フロー」(訳すと 悲劇的な欠点となるそうです)

→ 「本当の自分を隠すことで、逆に出てしまう癖」と言うように理解しました

先日、見た演劇で 中村中さんが真に迫る演技をされていましたが、
本当の自分を見つめるプロセスを経た
中村さんならではの演技だと、思った次第です。

この本には、自分自身を見つめるための『実践編』がついていて、
私も、少しずつ、始めています。

5歳の頃の自分を振り返ると、よいそうです。

自分探しの旅に、良い本に出会いました。
----------------------------
浜田省吾 - ある晴れた夏の日の午後

学生のころよく聞いていた浜省
最近また聞いています。
深みが増している。すごい。




いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

魂がゆさぶられる

日比谷シアタークリエで、
後藤ひろひと氏の演出による
演劇をみてきました。

その名も 『ガス人間第1号』

原作は1960年に公開された映画です。
これを、後藤さんが演劇用に脚本されました。

舞台は、テレビや映画と違って、
その瞬間を、演じている人と観客のみが共有する、
ある意味贅沢な、そして、その分、緊張感のある空間です。

中山エミリさん、高橋一生さん、伊原剛志さんなど、
豪華キャストで、すばらしい劇でした。

なかでも、中村中 さんの迫真に迫る演技と
心に響く歌声に、すっかり飲み込まれてしまいました。

すばらしい。そして、美しい・・・・・

いろいろな経験をしてきた分、演技にも真に迫るものが
生まれるのだと思います。


ちなみに、山里亮太さん(南海キャンディーズ)も
はまり役でした。いい感じです。

いやー演劇はすばらしいなー。エネルギーがほとばしってます。

------------------------------------
すっかりファンになっていましました。
歌声がすばらしい。

中村中 - 友達の詩


↓原作の映画の評判もとてもよいです。今度見てみます。
ガス人間第1号 [DVD]

演劇の方は、シアタークリエで10月31日までやっています。
よろしければ、是非。

いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

「空虚さ」が次のステップの鍵に

何回か、ブログにも書いてきましたが、
心になにか穴のあいた感じ・・・空虚感

でも、若いときに感じていたのとは少し違う

仕事も家庭も趣味も充実した上で感じる
不思議な感覚

少しだけ謎が解けてきました・・・・・・・・

この空虚な感じは大切なのだと

--------------------
エヴァ ピエラコスさんの
『パスワーク』

なんとか1回読み終わりましたが

でも、たぶん何度も読むことになりそう。

奥が深くて、すとんと落ちない。
チャネリングされた文章なので、言葉で理解するというより
直感的な理解が必要な感じです。

一つ分かったのは、今の私の状態は決して悪い状態ではなく、
むしろ、次に進むためのステップだということです。

この気づきは大きい。ありがたい。

「新しい意識に心を開く方法」(p327)の一節に
次のように書かれています。
---------------------
ほとんどの人間は、マインドを興奮した状態に置こうとします。
なぜなら、自分は空っぽになるかもしれないとか、
自分を支えてくれるものが内面にないのではないか
などという恐れを感じているからです。

中略

最初の反応は次のようなものが多いと言えます。
「思考を恐れているなんて、認めたいと思わない。
自分は内面が空っぽだとか、
外側から支えが必要な殻にすぎないとか、
そんな恐怖と直面しないですむように、
マインドを忙しく働かせておくほうがましだ」
こうした自己欺瞞は明らかに無益です。
その怖れに直面し、オープンに対処することが最も重要なのです。

-----------------------------------

このようなアドバイスもあります。

「恐怖に挑むと同時に、空虚さを自己の神性への扉として歓迎してください」
(p328)

私なりの解釈ですが、
忙しさなどから解放されたとき感じる空虚さ、
これを別の忙しさや、気を紛らわせるもので埋めることも
可能ですが、空虚な心のなかの奥底にある
真の自分の心を見つめることが大切なのではないかと・・・・

まぁ、空虚OK・・とお墨付きをもらったのですから、
もう少し探索してみましょう。

-----------------------
平原綾香-孤独の向こう

以前も紹介しましたが、川江美奈子さん作詞、作曲です。
私のなかでは、ベスト10に入る曲です。



いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

すべての人で宇宙が構成されている

小説を読み終わった後に、
脳のスイッチが パチンと入って、
思考がどんどんと広がっていくことがあります。

一昨日紹介した三羽省吾さんの
『公園で逢いましょう。』は、
一つの公園を舞台にした連作短編小説

連作短編説としては、
郊外の“まち”が舞台にした、
角田光代さんの 『トリップ 』

バーを舞台に、遅れている田村を待つ
同級生一人ひとりの物語を短編に収めた
朝倉 かすみさんの  『田村はまだか』
を読んだことがあります。

この2冊とも好きな小説ですが、
『公園で逢いましょう。』 は、

舞台が小さな公園
主人公たちは、子どもを通してのあまり深くない付き合い

という設定が、功を奏して、
一人一人の裏側をみるおもしろさに 繋がっています。

読み終わったあと、
様々な人がいて、地球村が構成されているだなー、
と、思考が勝手に広がりました。


おー、スケールが大きいぞ


そして、いきなり、小さい話・・・・

実は、ある集まりで、苦手な人がいるのですが、
私が見ているのは、その人の一部分であり、
その人の全てを見ている訳ではないということを
改めて感じました。

そして、必要のない人などいないということも・・・・・

小説のなかでも、最初、嫌だなと思うママさんが出てくるのですが、
最後まで読むと、愛おしさまで感じます。

少しだけ、宇宙はつながっている ということが
分かった気がしたのでした・・・・・・

-----------------------------
ありがとう-KOKIA

以前、KOKIAさんの『足音』を紹介しましたが、
この『ありがとう』も とてもよい曲です。



いつもありがとうございます。
 
:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。