夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっくりと大切に味わう

ここのところ、背中に痛みがあり、
昨日は、ほとんど寝ることができず、
医者に行ってきました。

痛みで寝られないというのは、
結構、きついのですね。
調べてみると、同じような思い(もしくはそれ以上)をしている
方が結構いるのだと改めて、知りました。

痛みも和らいできたので、ゆっくりと歩いてみると、
通りの風景も、不思議と違って見えます。

いつもは、足早に通り過ぎている風景が、新鮮に感じられる。

生命力のある木や草たちから、
「急がず、ゆっくり味わいなさい」

と言われたような気がした。

日々仕事をしていると、 
「早く、よりよく、適切に」
という認識のもと、仕事をこなすことに精いっぱいになってしまう。

ゆっくりでは、終わらないので、
迅速さは、必要ですが、
そのリズムを、仕事以外の生活に持ち込んで、
バランスを崩してしまったのかもしれない。

 ----  ----

先日、NHKの「あの人に会いたい」を見ていたら、
曹洞宗大本山の永平寺78代貫首・
宮崎奕保(みやざきえきほ)さんの回が放映されていました。

106歳の天寿を全うするまで
座禅一筋の生涯を貫いた方。
一言一言に重みがありました。

うる憶えですが、心に残ったのが次の言葉。

いつ死んでもいいと覚悟することが悟りではなく、
平気に生きているのが悟り


「平気で生きておられる時は、
平気で生きておったらいい」
 (NHKホームページより)

平気で生きる

『平気』という言葉に込められている真の意味は、
まだ、捉えきれませんが、
とても、大切なメッセージだと思いました。

今回の経験と照らしあわせると、

どんな状況にあっても、一つひとつの出来事を
大切に扱い、まっとうしていく という感じでしょうか。


自分へのメッセージとしては、
目の前にある一つひとつを
ゆっくりと、大切に味わいなさい

です。

例えば、会社に着くまでの通勤時間は、
移動という行為に過ぎないという
扱いをしてしまうことがあります。

でも、本当は、つなぎの時間ではなく、
大切な時間なのですよね。

宮崎さんは、はきものを揃えるのも禅
とおっしゃっていました。

一つひとつの行為を、禅として扱うように、
暮らしの一つひとつを大切したいと思います。


ご覧いただき ありがとう ございます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

ワクワク探し(書店編)

今日は、
待ち合わせまで時間があったので、
お気に入りのジュンク堂書店へ

だいたい見る書棚は決まっているのですが、
思考がパターン化しているのでは? と思い、

すべての書棚を回ってみることに。
隅の書棚からスタート、
専門書の品揃えがすごいので、
未知の本が、あるわ、あるわ

自分がどの様な本に興味をもち、反応するのか?

いろいろ見ていると、
「あっ、これは昔関心あったなー」とか
「意外に、今でもこれ関心あるな」など、
新たな発見がありました。

マニアックな本もたくさんあって面白いです。

目を惹いたのが
医学書のコーナーにあった
これ

『3D踊る肉単』

3D踊る肉単

『骨単』というのもありました。

『骨単』

などなど、見ていて

おもわず買ってしまったのが、

これ、

『昭和ちびっこ広告手帳』 〜東京オリンピックからアポロまで〜

昭和ちびっこ広告手帳 〜東京オリンピックからアポロまで〜

これは、すごい本です。
昭和40年代の おもちゃやお菓子などの
ちびっこ向け広告が
オールカラーで載っているのです。

当時買えなかった、おもちゃなどが載っていて、
見ているだけで、ワクワクします。

手元に置いておきたい一冊
当時のワクワク感が蘇ってきました。

おっと、現在のワクワク探しのつもりが、
昔のワクワク探しになってしまった。
でもこの、懐かしい感覚、いい感じ。

今回は、書棚はぜんぶ回れなかったので、
次回、再チャレンジ。

どのような本に自分が反応するのか・・・
『ワクワク』 発見にいいですよ。
これ、お薦めです。

それにしても、懐かしいなー

サンダーバードの基地とか・・・・
オバQガムとか・・・

しばし、童心にかえります。

ご覧いただき ありがとう ございます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

現実と非現実のはざまで

村上春樹さんの
羊をめぐる冒険
の続編となる

ダンス・ダンス・ダンス
を読み終えました。

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

小説が終わってしまうのがもったいなくて
ゆっくり読んでました。

現実と非現実
そして、生と死など、
いろいろ考えさせられました。

小説の内容からは、離れますが、
現実と非現実 について、
頭をめぐったことを書いてみます。

例えば、本を読んでいる時は、
頭のなかに別の世界が映しだされます。

本を読んでいる私は「現実」
頭の中の創造の世界は「非現実」


例えば、寝ているとき
横になって寝ている私は「現実」
夢は「非現実」
なのかな?

少し飛躍しますが、

もし、あの世から、
たましいのレッスンのために、
この世に生まれているとしたら、


あの世が「現実」で
今が「非現実」なのかも・・・・


たとえば、歩いている道が、
2つに分かれたときに、
本来進むべき道が『右』で、
心の声が『左』といったとき、


右の道に進んだとしたら、それが「現実」
選ばなかった左の道を歩く自分は「非現実」

心の声に従って「左」に歩いたら、
それが「現実」になる。

パラレルワールド

選んだ方が現実となり
選ばれなかった方は非現実となる

生きていると一瞬一瞬が選択の連続

現実と非現実の選択

次は、どちらを選ぼうか

小説のタイトルは、
『ダンス・ダンス・ダンス』

読み終わって、なんとなく感じた
人生は、ダンスのようなものかもしれない。

ステップ、そして次のステップへ、

どうせならば、楽しく踊りたい、素敵に踊りたい

次のステップをどう踏もうか・・・・・

心の声を大切に、ステップを踏みたい。

僕は、上手く踊れているだろうか・・・

ご覧いただき ありがとう ございます。

:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

こころをクリアにする

この一週間、
『たましいの声、内なる声を聞き、
それを大事にする』
 ことが
自分のなかでテーマになっています。

ソニア・ショケットさんの本で
かなりクリアになってきました。

そして、こちらも読んでみました。

『あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法』

あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法

ホ・オポノポノについて書かれた本です。

4つの言葉は、前から知っていました。

ただ、

Thank you(ありがとう) と
I love you(愛しています)


は分かるのですが、

何故、

I'm sorry(ごめんなさい)
Please forgive me(許してください)


が入っているのか?
そして、誰に対して言うのか?
今ひとつわかっていませんでした。

本を読んで、
4つの言葉を言うことで、
自分の心がクリアになり、
“たましい”とつながることができると
理解しました。

“たましい”とつながる方法として、
瞑想が代表的なものだと思いますが、
4つの言葉を唱えるのでOKというのは、
私には、とてもありがたいです。

そして、とても刺激的だったのは、
どんな問題が生じたとしても
問題を起こしているのは、相手や社会ではなく、
自分にある
と、みる点です。

以下、本から
----------------------------
この問題を生じさせた私の中でいったい何が起こっているのだろうか。
そして、この、私の中の問題をどうすれば取り除けるのか。

----------------------------

私の中の問題をどう取り除くか
ここがポイントですね。

自分をクリアにすることが大切といいます。

本書より
---------------------------------
人生には二通りの生き方があります。
記憶によって生きるか、霊感によって生きるか。
記憶とは振るいプログラムの再生です。
霊感とはあなたにメッセージを送っている神格そのものです。
あなたは霊感によって生きるべきです。
神格の声を聞き、霊感を受け取る唯一の方法は、
すべての記憶をきれい(クリーン)にすることです。
あなたがすべきことはただ一つ、きれい(クリーン)にすることです。

---------------------------------

●クリーンにすることで、たましいとつながる。

●問題は、相手ではなく、自分にある。


このあたりを、もう少し深めていきたいです。

まずは、4つの言葉でクリアにしていきます。

ご覧いただき ありがとう ございます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

つながっているように感じるか

職場は、たましいを磨く体験の場として、
よいところだと思います。

協力しあい成果を出す職場
競争して(良い意味で)成果を出す職場
嫉妬、足の引っ張り合いをする職場


これが、混ざっている場合もありますね。

協力しあうというのは、一見簡単なのようですが、

経験、力量、得意・不得意など
一人一人に、当然、差がありますから、
業務配分など、いろいろ違いが生じます。

この 「違い」「差」 を認め合えるか、どうか・・・
これが結構難しいです。

私自身も、この「違い」「差」を受容することが、
大きなテーマになっています。

自分の方ができるケースでも、
自分の方ができないケースでもです。

エゴは、この「違い」や「差」を取り立てて
大きなことのように見せてきます。


ソニア・ショケットさんの
『自分を愛するたましいのレッスン』
のなかに、ソニアさんのお母さんが、
エゴとたましいの見分け方を教えてくれます。
----------------------------------
エゴとたましいを区別するのは難しいことじゃないわ。
たましいにつながっていると、自分が深く人生に関わっており、
みんなとつながっているように感じるはずよ。
でもエゴに縛られていると、人生から退きたい気持ちになるの。
きっと自分を他人から引き離して、
周りは敵ばかりと信じて心を閉ざしてしまうわ。

エゴとたましいを区別する一番の方法は、
自分の波動をチェックすることよ。
たましいとつながっていれば、
気分がよく、前向きで、自分を愛している波動が感じられるし、
エゴにつながっていると、いらいらし、批判的になって落ちこみ、
疲れている感じがするから、違いは簡単にわかるわ!

----------------------------------

なるほどですね。
自分が調子がいいとき = よい波動がでているときは
たしかに、周りとつながっている感じが得られます。

逆に、波動が悪い時は、周りから遮断された感じ、
もしくは、自分から遮断している感じがあります。

自分の波動が、
気分がよく、前向きで、自分を愛している
状況かどうか、ときどきチェックしてみると
良さそうですね。


ご覧いただき ありがとう ございます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

安らぎのなかにいる

一生懸命はよいのですが、
つい頑張りすぎてしまうことがあります。

疲れが抜けないので、
この1週間は、なるべく 「ゆったり」して、
自分の体の声を聴くようにしました。

「もっと、がんばれ」は自分に対してよく言います。、
「ゆったり」を自分に許すのは、慣れていないです。

でも、自分の体や心の声を聴くと、
本当の自分のペース、リズムが
見えてきました。

この1週間、ゆっくり読んだのが

ソニア・ショケットさんの
『自分を愛するたましいのレッスン』

自分を愛するたましいのレッスン―答えはいつもそこにあります

本が発する波動がとても心地よいです。

エゴではなく、たましいの声を聴くことの大切さと
その方法を教えてもらえます。


体に注意を払ったのも
次の一文に出会ったからです。
--------------------------------
自分のたましいを、自分の中にすんでいる
神聖なお客様だと考えましょう。
そうだとしたら、あなたはどんな受け入れ準備をしますか?
あなたのたましいに、健全で幸せな住まいを与えてください。
これは、自分の体に対して、適切な食事をとり、
十分に休み、適度に運動し、清潔にして、
感謝することを意味しています。

--------------------------------

私は、ついつい、「もっと、もっと」というエゴの
声に耳を傾けてしまいがちなので、
自分のたましいを、大切なお客さんだと考える
というのは、とても、タイムリーなメッセージでした。

紹介されていた、アインシュタインの言葉が
言い得て妙です。
--------------------------------
直感は聖なる贈り物であり、理性はその忠実な使用人だ。
ところが、私たちはその使用人のほうを尊敬し、
贈り物を忘れてしまう社会を創造してしまった。

---------------------------------

わたしも、
内なる声(直感)、たましいの声、そちらではなく、
理性=使用人の方を優先していました。

本には、エゴではなく、たましいを生きることに
ついて、様々に書かれています。
------------------------------------
自分のたましいを生きることは簡単です。
エゴとは手を切り、自分の心に従って生きさえすればよいのです。
内なる声に耳を傾け、柔軟性をもち、要求があれば方向を変え、
心を開いて、一日中ずっと笑っていましょう。
このように簡単だけれどもごまかすことな
く自分を表現することで、自然に自分のたましいの
波動をエゴより高くすることができます。
------------------------------------

簡単に言ってしまうと、安らぎをもって過ごす ことが
とても大切と理解しました。

安らぎの中にいれば、周りの人にも安らぎを
分かち合えますよね。

CDも付いていて、ソニアさんのメッセージと
マーク・ウェルチさんの音楽を聴くことができます。

ソニアさんの声は聴いているだけで、癒されます。
高い波動がでているのだと思います。

たくさん気づきがあったので、また、書きたいと思います。

ご覧いただき ありがとう ございます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

『壁』 は次へのステップ

週末、カウンセリングの勉強会に参加しました。

ロールプレーを通して、カウンセリングの
実践実習

なにかが、違う・・・・・・
上手く行かない。


基本は、来談者中心療法
相手の話にしっかり寄り添い
受容、共感しながら聴き、うなずき、応答。

ここまでは、よし。

しかし、途中で、ふっと、解決志向型ブリーフセラピーが
頭をよぎり、路線を変更

勉強会なので、このような新たな取組みはOKです。

OKですが、基本が崩れ、ボロボロに・・・・・・

すっかり、落ち込んでしまいました。

『壁』が出現・・・・・

3日間、悩み、考え、たどり着いたのが、

まずは、しっかり、「受容・共感」し、
主訴がわかり、相手との信頼関係が
築けたところで、解決志向型を
必要に応じて、導入してみる・・・・・


次の勉強会に向けて、再構築していきます。


次のステップに向かうために
『壁』 も役にも立つのだと、
今回、気がつきました。


悩んだかいが、ありました。

そういえば、
中村俊輔選手が
『察知力』 という本のなかで
体験を次に活かす大切さを言っていました。

察知力 (幻冬舎新書)

-----------------------------
どんなことであれ、体験を重ねさえすれば、
引き出しは増やせるはず。
しかし、体験しただけじゃ引き出しは増えない。
その体験を未来にどう活かすか、足りないことを補い、
できたことをもっと磨く。
そういう意識がなければ引き出しは生まれない。
体験は引き出しを増やすきっかけでしかない。
そして、未来に訪れるであろう次のシーンを察知して
準備することで、引き出しを作ることができる。
そのための情報収集は欠かさない。

-------------------------------

俊輔選手がいうように、
体験を未来にどう活かすか、足りないことを補い、
できたことをもっと磨く。


この繰り返しが、ステップアップに必要ですね。

そして、『壁』 についても触れています。
--------------------------------
目の前の壁をネガティブなものだと感じれば、
それを越えていく作業も余分なエネルギーを
使うことになるけれど、
「この壁を越えれば、またひとつ引き出しが増える」
とポジティブに考えれば、壁を越える作業も楽しいものとなる。

--------------------------------

『壁』は自分の引き出しをふやすもの・・・
ありがたいです。

最後に、中村語録から、

未来に活かすことができれば、
どんな失敗でも「成功」だ


未来に活かしていきましょう。

W杯も応援してます。

ガンバレみんな。

ご覧いただき ありがとう ございます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

生きてるだけで丸儲け

朝、テレビをみていたら、
明石屋さんまさん、大竹しのぶさんの愛娘
IMARUさんがインタビューを受けていました。

IMARUさんが大切にしている言葉が、
名前の由来でもある
きているだけで儲け』 だそうです。

さんまさんの座右の銘だそうで、ここから
イマルさんの名前がつけられたのですね。

会社に行く途中

「生きてるだけで丸儲け」
と、心のなかで繰り返していたら、
なんだか楽しくなってきました。

丸儲けだなーと。

生きていることが、感謝100%ですから、
あとの出来事は、オプション感謝ですね。

しかし・・・・

ややもすると、 「あれも」「これも」
と、オプションの方に目がいきがちですね。
「もっと、もっと」と・・・

「生きてるだけで丸儲け」

そこに十分感謝できれば、
プラスアルファの部分は、
心の声(内なる声)に
お任せできますね。

エゴの声ではなく、内なる、真なる声に

ヒューレン博士が、ホ・オポノポノで、
0(ゼロ)の状態に戻すとおっしゃっていましたが、

「生きてるだけで丸儲け」
0(ゼロ)ベースにもっていけると思いました。

お笑いぽくっていいし。

明日も、丸儲けで、元気にいこう。

ご覧いただき ありがとう ございます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

競争と嫉妬

今日は、一部延期になっていた
運動会の続きがありました。

組体操 と リレー

上の子は小学校最後の運動会

それもあって、
組体操は、感動しました。(涙)

ピラミッドは、支える子と登る子が
一体となって、はじめて成り立つ技
まさに、チームプレー

リレーもチームプレーですが、
こちらは、競争

でも、着順に関係なく、走り終わったあとは、
どのチームの子も満足そう

力を出し切るというのは、すがすがしくて
気持ちいいです。

さて、

前のブログで、 「競争」について触れました。

競い合うことは決して悪いことではない・・・・

ただ、似て非なるものが「嫉妬」
“ねたみ”ですね。

「競争」は、
互いに切磋琢磨しあえますし、
負けたとしても、次に経験をつなぐことができます。

「嫉妬」は、自分をおとしめてしまいます。

でも、

ふっと気がつくと「嫉妬」のような感情を
自分に感じることがあります。


結構くせものだと思ってます。

今、読んでいる立川談春さんの
『赤めだか』

前座時代
談春さんが新弟子に嫉妬していると
察した、談志師匠

「お前に嫉妬とは何かを教えてやる」
と語ります。
---------------
己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱味を
口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、
これを嫉妬と云うんです。

一緒に同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。
本来なら相手に並び、抜くための行動、
生活を送ればそれで解決するんだ。
しかし人間はなかなかそれができない。
嫉妬している方が楽だからな。
芸人なんぞそういいう輩の固まりみたいなもんだ。
だがそんなことで状況は何も変わらない。

よく覚えとけ。現実は正解なんだ。

時代が悪いの、世の中がおかしいと
云ったところで仕方がない。現実は事実だ。
そして現状を理解、分析してみろ。
そこにはきっと、何故そうなったのかという原因があるんだ。
現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。
その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う。

(引用おわり)
---------------------------------

長くなりましたが、談志師匠の弟子に対する愛情を
感じます。

「嫉妬」なんかで、終わらしてほしくない
ちゃんと「競え」ばいいんだ、とおっしゃったのだと
理解しました。

「嫉妬」で終わると、何も行動しないですね。
「競争」は、行動が伴う。
相手にも、いい影響を与える。
よきライバルになれる。

そう、だから、

「嫉妬」なんかしてないで、ちゃんと「競い」ましょう。
ね、自分。


ご覧いただき ありがとう ございます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。