夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリアコンサルタント

本日、キャリアコンサルタントの
合格通知が届きました。

勉強は楽しかったのですが、
試験はかなり苦戦したので、
正直、ほっとしました。

産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの
基本となる資格が取れたので、
次のステップ(シニアコンサルタント)をめざして、
勉強を続けようと思います。

ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

心をケアする

自分の「弱さ」を受け入れると、
不思議なことに、
気持ちが楽になってきました。

『強くなければいけない』という
思い込みが
自分のなかにある「弱さ」を
封印していたのかもしれません。

ポジティブ思考も大切ですが、
「弱い」部分に蓋をすると、
振り子のバランスが
崩れてしまうのかもしれません。

「強い」部分もあれば、
「弱い」部分もある。


「弱い」自分とも 向き合ってあげることが
大切なのだと、思えるようになりました。

-----------------

今回は、
迷いが生じ → ストレスがたまり →
病気になり → 精神的に「弱い」面が出た
という連鎖でした。

「迷い」 について考えてみます。

-----------------

以前、カウンセリングの勉強で、
フロイトの
「自我」「超自我」「イド(エス)」について
習いました。
その時は、ピンとこなかったのですが、

精神科医の斉藤学(とおる)先生の
本を読んで、腑に落ちました。

斉藤先生は、
超自我のことをインナー・ペアレント
(内なる親、自己に取り込まれた親)

エスのことをインナー・チャイルド
(内なる子ども、無意識的な要求と衝動)

と言い換えています。

そして、「内なる親と子の戦い」を
調停するのが自我(機能)
となります。

ここから、私の解釈も入ってしまいますが、

社会に同化・同調しようとすると、
インナー・ペアレント(内なる親)
が強くでてしまう。

しかし、インナー・チャイルド(内なる子)は、
納得がいかない。


内なる親と 内なる子を 
調停役の自我機能が、状況に応じて、
使い分けられている時は、
バランスを保てるが、
どちらかに肩入れすぎると、
バランスを壊してしまう。

今回、仕事のことで、
迷いが生じたのですが、
たぶん、回りに合わせようとする 内なる親と
「やめとこう」という 内なる子の
葛藤が 迷いにつながったのでは
ないかと、思います。

斉藤先生は、インナー・チャイルドの声も
聴いてあげること


自分をケアすることには、
「自分がしたいと思うことに寛容になる」
ことも含まれると おっしゃっています。

もしかすると、インナー・チャイルドの声を
きちんと 聴いていなかったので、
気づきのために、
いろいろと起こったのかもしれません。

なんか、まとまってませんが、

自分の「内なる子」の声にも
耳を傾けてみようと思います。

参考文献
「家族神話」があなたをしばる―元気になるための家族療法 (生活人新書 262)

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

弱さと向き合う

ストレスが高じて
風邪をひいてしまいました。

病は気からといいますが、
いつもは、ポジティブ思考で
病気にならないと思っているのですが、

今回は、症状にでてしまいました。

病気になると、気が弱くなります。

弱い自分か・・・・受け入れられないなぁ、と思っていたら、

リンクを貼らせていただいている
キュービットさんの
マクロビオティック応用研究所 のなかで、

人間の「弱さ」について触れられていました。

とてもいいタイミングで、自分のなかの「弱さ」
について考える機会をいただきました。

今一度、自分の「弱さ」と向き合ってみようと思います。

キュービットさんは次のように書かれています。
(以下引用)
-------------------------
どんなことよりもまず「自分は弱い」ということを知らねばならないんです。
すると逆に、本当の強さとは何かが分かるようになるんです。

-------------------------

弱さと向き合って、強さが分かる。

たくさんの鎧をつけてきた、自分が少し見えてきました。

より強く、という鎧のなかは、
意外ともろかったりします。

原点に戻ってみます。
そこから、はじめたほうが、強くなれる気がするので。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

迷いが生じた時に

わくわくすることで 生活を満たそう!
と、思っていた矢先に

決断しなければ 
ならない大きな出来事が・・・・


こうした局面は、学んだことを 活かせば
簡単に対処できると思いきや

ストレスを感じる日々

事の次第はこんな感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大きな仕事の話がきました。 
しかも、自分の専門知識が
活かせる。

しかし、

今年度は ありがたいことに
十分に 仕事を引き寄せていて
売り上げの目処は立っている。

なので、
「今ある仕事を きちんとこなしていこう!」
という方針で 仕事を進めてきました。

そこに来た、大きな仕事
しかし、引き受けるなると 
今までの仕事が
疎かになるのではないかという


不安が到来

一方、
いや、自分のノウハウを活かし、
新たな領域に仕事を広げる
チャンスではないか。

という、チャレンジ精神も到来

きっちりやろう(断ろう)
 VS
チャレンジしよう(引き受けよう)


のせめぎあい

そこで、様々な声に耳を傾けてみました。

石井祐之さんは、
決断について、次のように述べています。

「その結果のすべての責任を自分で負う覚悟で
選択するのであれば、どんな選択をしても
それがあなたにとっての“正解”だ」


「外に正解を求めてはいけません」

ドッキ・・・・・求めてました。

「どれを選んでも苦しいし、怖いし、寂しいし、リスクもある。
そういう中から選ぶのだからこそ、
自ら“決断”したのだと言えるのではないでしょうか?」


自ら選ぶのだ、と肝に銘じつつ

『ソース』プログラムの
マイク・マクマナスさんの声を、

「決断のウソ」というタイトルのなかで、

「私たちにとって最善の行為は、
決断をぐずぐず先に延ばすことだ」


えっ?

「ぐずぐず先に延ばすことだ」

「私たちがぐずぐずと 
決断を先に延ばしているとき、
実際は、潜在意識が情報を収集して、
次に起こる事態にそなえる
準備をしているのです。

・・・中略・・・

ぐずぐずするのは、「時期が来ていないから待て」
または「まだ行動のときではない」という
メッセージが潜在意識から送られてきたからです。」

そして、こうもおっしゃっています。

「心から夢中になれるものを見つけ、実行しなさい」

それもそうだ・・・・

浅見帆帆子さんは、
迷った時の選択は、
成功者のなかでも2種類あると言っています。

「迷ったらやめる」派
「迷ったらやってみる」派


ただし、後者は、やると決めたら、
迷いは断ち切ってやるそうです。

・・・・・・・・・・・・・

とにかく、いろいろな考え方があります。

自分もいろいろ、考えています。
しかし、なかなか、これだ!とは
いかないので、ストレスなのです。


跡見順子東京大学名誉教授は、

「頭の中だけで どうどうめぐりをする
状態が長く続くと、脳のある領域だけ脳細胞が
活性化しすぎてしまい、危険」
とおしゃています。

で、そういうときは、

体を動かす(走る)とよいそうです。

体を動かすことで、脳が全体のバランスを
とるそうです。

・・・・・

私は結構、どうどうめぐりを
するほうなので、

体を動かしながら 
ぐずぐずも しながら、
自分の心に聴いていきます。


参考にさせていただいた本
(ありがとうございます)

「心のDNA」の育て方~夢と目標を実現する7つの心理セラピー~(CD付)

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。

あなたの運はもっとよくなる!―私が実践している36の方法

生命力(いのちりょく)

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

わくわくセンサーを働かせる

『ソース』souece
のプログラムをご存知ですか?

プログラムのトレーナーを
されている方からの紹介で、

マイク・マクマナス氏の
『ソース』を読んでみました。

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。

『ソース』とは、
生きる意欲の源、
「わくわくの源流」のことだそうです。

-----------------------
生まれながらのワクワクを追求することこそ、
もっとも責任のある生き方であり、
人間として一番大切な行為なのです。
(本書より)
-----------------------

自分の思考にピッタリと一致して、
思わず「きたー」と叫びそうになってしまいました。

ワクワクすることは やりたいけれど、
それを 生活の全てにはできないよ・・・
と心のどこかで思っていました。

しかし、
「やりたいことはすべてやれる。」

そして、

「優先順位はつけない」

「目標を立てない」

とくるので、自分の求めていた理論に近いなと
思い、読み進めて、ドンピシャでした。

例えば、

優先順位をつけない というのは、
「やりたいこと」を同時進行で進める
ということです。

誤解を生じそうですが、
同時進行というのは、
いつくもある「やりたいこと」に対して、
一つひとつにかける時間は違っても、
同じくらいの情熱と関心をもって、
すべてと向き合うということを意味します。

この「すべて」というのが大切です。

優先順位をつけ、順番にやる
というのが一般的ですが、
優先順位によって、「やりたい」こと
を後回しにするのではなく、

一日のなかで、5分でも、10分であっても
集中して、「やりたいこと」と向き合う。

そして、一つひとつの「やりたいこと」に
集中して、向き合っていけば、
「すべて」やれる、
という心強い考え方です。

さらに、「やりたいこと」にきちんと
向き合っていけば、仕事や収入に
つながっていく・・・・


本書を読んでいくと、従来の価値観が
崩れてきますが、

引き寄せの法則などの考え方と
一致しているので、
とても、すんなり読むことができました。

「わくわくすること」を主体にしていくと、
行動が、変わってきます。

今日は、部屋の片づけをして、すっきり。
わくわくの部屋づくりに成功しました。

ワクワク探しの心を、勝手に、
『わくわくセンサー』と名づけました。

自分の心に素直になり、センサーを働かせて、
「わくわく」を中心に生活を組み立てるのは、
とても楽しいですし、進むべき方向に
歩んでいけそうです。

とても楽しみです。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

不易流行 ~変わらないもの、変わるもの

俳人 松尾芭蕉が
『奥の細道』の旅の間に
体得した概念だそうです。

「不易」とは、変わらないもの
「流行」とは、移り変わるもの

「不変の真理を知らなければ基礎が確立せず、
変化を知らなければ新たな進展がない」

しかも「両者の根本は一つである」 
(参考:中野区教育委員会HP)

不易と流行は、相反するもののようで、
実は、根は一つであるというところに
行き着かれたのがすごい。

私流の解釈では、
真理を探求しながらも、何かに固執するのではなく、
常に新しいものを発見し、受け入れていく。

あるがまま、流れのなかに身をおいてみる。


という感じでしょうか。

キャリア理論に当てはめてみても、おもしろいです。

シャインのキャリア・アンカーは、
仕事をする上で、
「これだけは、どうしても譲れない」という
最も大切な価値観や欲求のことで
周囲が変化しても自己の内面で不動のものです。
=不易

クランボルツ教授のハプンスタンスアプローチは、
予期しない、偶然の出来事を大切にする。
=流行

別々の理論かと思っていましたが、
芭蕉さんに言わせれば、根は同じ。

うーん、芭蕉さんは、すごい。

ちなみに、
奥の細道へ旅出たのは
元禄二年(1689年)だそうです。
300年以上も前に、行き着いていたのですね!

キャリア理論も人生も、不易流行で
行ってみます。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

直感、主観で選ぶ

衣替えで、服を整理をしました。

よく着ている服と
あまり着ていない服
を比べると、

買う時の優先順位の違い 
が見えてきました。

値段に関わらず 
直感的に 「これだ」と思った服は、
楽しく、嬉しい気持ちで、長く着ることになります。

ところが、セール、値引きなど、
損得が先にくると、
「まあ、いいんじゃない」という妥協の要素が入るため、
結局、あまり着ない服になっています。

もう一つ、
「人からどうみられるか」、
「流行か」
 などよりも
主観を大切にして、
好きか、嫌いか
選ぶことも大切な気がします。

直感(心の声を聴く、びびっときた、惚れた)
主観(周りではなく、自分が好きか)


服に限らず、何かを選択していくとき、
直感、主観は大切な要素
なってくると思います。

突き詰めていくと、人生の選択も
心の声を聴き、自分の思う道を進む
という点で、同じ気がします。

人生の選択というと、大きな話になりますが、
服や食事など 日々の生活のなかで、
直感、主観を きちんと尊重していくことが、
長い目でみると、人生の選択にもつながっていくのでは
ないか・・・と思いました。

結局は、ムダも少なくなりますしね。

小さな選択にも直感、主観を大切に

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

誰もが自分の地図をもっている

日々の
おいしい食事、 出会う人、
いただいている仕事・・・・

色々なものを 引き寄せているなぁと
実感し、自然な気持ちで、感謝していると、
とても充実した 幸せな気分になれます。

「もっと」「もっと」 と、より大きく、より高くを
追求している時とは違う、

じわっとした、暖かい 幸福感

飲み会でいうと、ほろ酔い加減の感じです。
(深酒して反省すること多いのですが・・・)

で、ふっとイメージが湧いたのが、
『人生の地図』 です。

----------------------

みんな 『人生の地図』  をもっていて、 
<進みたい方向><向かうべきゴール> は、
その地図のなかに書き込まれている。
(生まれる前に、自分で書き込んできた。)

ただし、その地図、ゴールまで全てがみえてしまうと
楽しみがなくなるので、次に進む方向しか見えない。

そんな、お楽しみ地図になっている。

自分の心に、素直で、わくわくした気持ち をもって、
その地図を眺めていると、次の進む道が 
すーっと、みえてくる。

けれども、邪心が入ったり、他人を気にしたり、
損得に惑わされたりすると、
道から反れてしまう。

でも、大丈夫。もう一度、正直に、素直に
自分の気持ちに聴いてみれば、

『この道は、なんか、おかしい』
『なんか、道がそれている気がする』

という、気づきを得て、軌道修正できる。

人生のお楽しみ地図と
進むべき道を教えてくれる
心(ナビゲーションシステム)を
みんなもっているから、
他人をうらやんだり、自分の人生を嘆く必要は
ぜんぜんない。

----------------------

だれにとっても、その人しか辿ることのできない、
貴重な道がある。
その道は、自分しか歩くことができない、
貴重な道。

だから、大切なのは、自分の気持ちに正直に、
自分の地図に書きこんだこと(道)を
見つめること、そして、歩むこと。

----------------------
ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

日々引き寄せている

昨夜は、子どもが熱でうなされ、
何度か起こされ、睡眠不足でした。

ふらふらだったので、朝、電車に乗る前に、
座れるイメージを 予告してみました。

そして、ありがたいことに、座れました。

小さなことですが、願い、それが叶う。

これを積み重ねていきたいなーと思っていたところ、
ふっと、頭をよぎりました。

実は、日々、願いが叶っているのではないかと。

例えば、昼に何を食べるか。

そもそも、『食べる』 という願いが叶い。
『何を食べるか』という願いも叶います。

そう考えると、日々、何かしらを引き寄せている。
(願いが叶っている)

小さな(そもそも大小はないのですが)引き寄せに
感謝する。

そのことが、とても大切な気がしました。

『引き寄せられない』『願いが叶わない』
といっているときは、

これでは足りません、と神さまや、宇宙に 
メッセージを発信しているのかもしれません。

それよりも、
『こんなに、ご馳走を引き寄せてくださり、
ありがとうございます。』


『いろいろな人を引き寄せてくださり、
ありがとうございます。』


と、感謝することが大切だと気づきました。

ついつい、世間でいう、大きな成功(大金を手に入れるなど)
を引き寄せた人が すごい・・・となりがちですが、

そのように成功した人も、きっと、
日々の引き寄せに対する感謝の積み重ね
今があるのでしょう。

今日も一日、ありがとうございました。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
FC2 Blog Ranking

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。