夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリエイティブ合気道

「クリエイティブ合気道」

この言葉に出会ったとき
自分のなかで、「これだ!」という
思いがありました。

HNKの「ドキュメント 考える」での
箭内道彦さんの言葉です。

数々のCMを手掛け、活動の幅も広い 箭内さん

人との出会い、人の意見、
人から 受ける刺激のなかで
アイデアが練り上げられていく。


もう少し 詳しく知りたくて 読んでみました。

タイトルも そのまま
『クリエイティブ合気道』

クリエイティブ合気道

箭内さんは この本の冒頭で こう言います。

以下、一部抜粋
---------------------------------
振り返ればずっと
人の顔色ばかりうかがって暮らしてきた。

「自分らしさ」って一体なんだろう?

「自分のやりたいこと」がずっと わからなかった。

つねに自分を相手に合わせることで精一杯だった。

---------------------------------

そんな 箭内さんが ミュージシャンとの仕事で
彼らからの 想いや アイデアを受け止めながら
仕事をつくりあげたとき

担当ディレクターから
「箭内さんの合気道、今日も出ましたね。
ありがとうございました。」

と 言われたことで 考えが変わったそうです。

箭内さんは言います。

長年のコンプレックスが目の前で崩れ落ちた。

---------------------------------
仕事ってこうじゃいけない、
計画通りにやならきゃと 堅くなりがちだけど、
相手と向き合って、 その中で生まれる純粋なものを
見逃さない、 そのことで 「リアルなもの」を作る。

---------------------------------

クリエイティブ合気道。
スタイルがない スタイル。
個性がないことが個性。
相手に思いっきり乗っかってみる。
逆境そのものを アイデアにしてしまう。

---------------------------------

制約をネガティブに足かせと決めつけてしまうのではなく、
その制約をめちゃくちゃ肯定してしまうことで、
制約自体を逆に、新しいアイデアを生み出す手段に変える。
制約も人の意見も一切否定しない。
まず、受け入れてみる。

自分ひとりで思いつくことなんてあまりにも小さい。

一期一会。
この出会いはすべて
見たこともない 新しいクリエイティブが生まれるチャンスなんだ。

---------------------------------

引用が長くなってしまいましたが、
とても 大きな 気づきを いただきました。

まさに 合気道。

私自身も 仕事(計画づくり)のなかで、
自分のなかから 生み出されてくるものは
十分ではなく お客さんや仲間からの
意見で どんどん よくなっていくという経験をしています。

最初は、自分には 能力がないのでは?
と思うこともありましたが 
人の意見を取り入れてながら
よいものを 創り出して行くことに
快感も感じていました。

そんな折、出会った
「クリエイティブ合気道」という言葉

「そのままでよし」
箭内さんに 後押ししてもらった気がします。

プライドは 時に弊害にもなるそうで、
相手の 想いを聴くこと 受け入れること
そして そこから 何かを生み出していくこと。

今までの やり方で 「よし」とします。 

このブログも 思えば 数々の本や
みなさんから いただくコメントで
様々な 気づきをいただき
なんとか 続けることができています。

他力本願な部分も 大いにありますが、
今後とも みなさまの力を お借りしながら
続けていきます。
よろしくお願いします。

押忍!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発
スポンサーサイト

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

感情を切り替えるのは、「気持ち」か「行動」か?

週末、梅雨で、部屋のなかは
蒸し蒸し して、気力も 体力も ダウン

子どもに遊びをせがまれても
寝込んで 立ち上がれない始末。

本には、感情を切り替え法として

好きな風景、楽しかった出来事などを
思い浮かべる 


と書いてあったのを思い出し、
試してみても 心も体も 復活せず。

体が疲れているのか
気分が重いのか

このままじゃいかん

一念発起して

家の近くにあるジムにはじめて
行ってみました。

すると 不思議

体育会系のスタッフのお姉さんと
やりとりをし、 手続きを終えて、
 『体鍛えてます』 オーラが充満した
スタジオにいくと

気持ちがピリッとしてきて

インストラクターのお兄さんに
器械の使い方を教わりながら
体を動かしているうちに

体もシャキとしてきました。

はじめてなので 軽めに終えて

家に帰ったら、子どもたちと
遊ぶ 気力と体力が戻ってました。

だらだらと寝ていないで
思い切って 行ってよかったー

気持ちだけに 引っ張られずに

行動を変えて 気持ちを切り替える 

こともできるというのを 体感しました。

変化をつけてみる 

というのもいいのかもしれません。

ジム通い ちょっと癖になりそうです。
(ちょっと ナルシストぽい 快感があるな、きっと)

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

さからわないこと

ふと、原点に戻って
この本を読んでみました。

なまけ者のさとり方

最初に この本に出会ったときは
衝撃を受けました。

シンプルですが、奥が深い。

当時
何度も何度も(多分50回以上)
読みました。

何冊も買って 友人や家族にも
「読んでみて」と渡しました。

いつか、またこの本に戻ると
思いつつも、長い間 読まずにいました。

たぶん、また読む時期がきたのです。

読み返して、今だから 理解できることが
多々 ありました。

この本のメッセージの一番は やはり

『さからわないこと』

------------------------------
何にも捉われず、 愛に基づいて行動し、
自分が気持ちよく、 幸せに感じることを
すれば よいのです。

------------------------------

何度も、何度も読んで 理解していたつもりですが、
振り返ると たくさん さからって 生きてきたような
気がします。

何と競争してきたのでしょうか。
自分と? 他人と? 社会と?

何を判断してきたのでしょうか?
良いこと? 悪いこと?
よろこばれること? 叱られること?

何に目標をおいてきたのでしょうか?
安定すること? 成功すること?
お金を得ること?

もう一度、

『さからわずに』
愛に基づいて行動する




最近、自分の原則にしている
ニュートラル状態に 重ね合わせて
みたいと思います。

ちなみに、今の自分には
この言葉も 心に 刻んでおきたいと思います。
------------------------------
前略・・・・
自分に起こっていることを 全部受け入れて、
新しいレベルでの安定点を 見出すことができないと、
元のところまで戻ろうとするからです。


------------------------------
「人は皆平等」という原則は、
どんなときでも信頼できる指針です。


------------------------------
あるがままを 愛しなさい。

今のあなたのままで、 できる限り愛しなさい。

------------------------------

今のままで、いいよと 言ってもらえるのが 嬉しいです。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

自然のなかでリセット

友人たちと
上高地と乗鞍岳に行ってきました。

せせらぎの音
ここちよい風
鳥のさえずり
あたたかい日差し

都会の喧騒を忘れて
リセットできました。



気持ちよいほどの青空

DCF_0149.jpg

水のエネルギーをもらう

DCF_0138.jpg

神がいるような

DCF_0165.jpg

すっかり夏の空

DCF_0172.jpg

乗鞍岳は雪景色

やはり自然はいいですね。
すぐに、気持ちがリセットできます。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

『ニュートラル』は、ムダのない状態

『ニュートラル』な状態を 
意識した生活は 調子がよいので、
もう少し 考察してみます。

キュービットさん、myuさんからコメントで
教えていただいて、確信できたのですが、

『ニュートラル』な状態は、

一番楽な状態、 
基本の状態である


ということです。

学生の頃、ボクシングをやっていたのですが、
(というと、強そうですが、いつも負けてました)

ボクシングは、相手との戦いのまえに、
自分との戦い、恐怖心との戦い があります。

相手を「自分より強そう」と思った瞬間、
恐怖心で、緊張が高まり、
体が動かなくなってしまいます。

恐怖心に打ち勝って、リラックス出来たときに、
フットワークで、攻撃と防御の両方を使い分ける
ことができます。

軽快なフットワーク・・・
リラックスした状態で、
次の行動を瞬時に判断できる、

これが、『ニュートラル』状態ではないか
と思うのです。

日常のなかでは、どういう状態でしょうか。

不要なものを そぎ落とした
ムダのない状態
ではないかと思うのです。

身の回りをすっきりさせる のも
ニュートラル状態に よさそうですね。

精神面では、どうでしょうか。

様々な経験を積むと それがプラスに働くことも
ありますが、マイナスに作用することもあります。

過去の苦い経験、失敗、辛い思い・・・・・

過去との比較ではなく、今の自分の心で判断する

世間体や他人との比較なども
ニュートラルゾーンから 離れてしまします。

人は人、 自分はどうしたいのか
自分の真の声をきく、
これが ニュートラルゾーン。

メンタル面で、ピュアな状態といえるかもしれません。

様々なことを シンプルにしていく ということかもしれません。

結構、はまりそうなので、もう少し楽しんでみます。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

『ニュートラル』って楽かも

先日、『まずはニュートラルで 』 を書いてから、
意識的に "ニュートラル” "ニュートラル” と
心で 唱えています。

これが、いい感じです。

ここのところ、調子にのりすぎていて、
批判、愚痴などに同調する自分がいました。
(その後、自己嫌悪)

でも、『ニュートラル』を 意識すると、
起こったできごとに 一呼吸おいて 
対応できるようになりました。

というか、意識的にそうしています。

これは、楽です。

周りに同調する必要もなく、
自分自身と向き合える 感じです。

ちょっと、批判心が自分に生まれると、
ニュートラル、ニュートラル と心で唱え
軌道修正して 楽しんでます。

『ありのまま』ってこの感じかな と思ったりもします。


どんな出来事にも対応できるぞ、という
自信につながっている感じが 不思議です。

もう少し 意識的に『ニュートラル』を続けてみます。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

まずは『ニュートラル』で

昔から、「いい人」 になりたいと思っていました。
「いい人」 になるための 努力もしましたし、
実際、「いい人だね」 と言われることも
多々ありました。

しかし、実際には、様々な自分が存在します。

陽気で自分 
疲れてる自分

積極的な自分
何もしない自分

いさぎよい自分 
言い訳をする自分

ポジティブな発言をする自分
ネガティブな発言をする自分・・・・

本などでは、

『ありのままでいい』

「ありのまま」の自分を受け入れる


とあり、そのときは納得するのですが、

「ありのまま」でいたら 

怠惰な自分がでてきてしまう・・・
知らぬ間に 人を傷つけているのでは・・・
そんな不安も 出てきます。


---------------------------

そんな折、
『マジックストーリー』 を 読みました。

マジック・ストーリー

100年以上も前に書かれた 短い物語ですが、
読み応えがありました。

成功から 一転、 転落人生を歩む主人公

ある日、ホームレス生活のなかで、
もう一人の自分と対面する場面があります。

「きみは誰なんだ」

「ぼくは、かつての君だ。
いつの日か戻るかもしれない君の姿だ。
(中略) ・・・・ 
きみが追い払ってしまった存在だ。」


この本では、 
「プラスの私」 と 「マイナスの私」
行動によって、どちらかに肩入れすると、
その“私”の方が優勢になってしまう。
と説いてます。

シンプルなので分かりやすい。
「プラスの私」か「マイナスの私」のどちらかを
常に選択している 

ならばプラスの私を・・・・選択すれば ・・・
とも思ったのですが、

---------------------------

実際には、冒頭のように 様々な自分がいる。

いろいろな性格の 組み合わせの自分

例えば、
9割いい感じだったのに 調子にのって失言・・・

そして自己嫌悪

実際の生活では、
そんな壁にぶつかるなか、

コーチングの神様が教える「できる人」の法則 
という本のなかで、 

コーチングの神様が教える「できる人」の法則


著者のマーシャル・ゴールドスミスさんは

ピーター・ドラッカー

次の言葉を引用しながら 教えてくれます。

「何をすべきか学ぶ必要はない。
学ぶ必要があるのは
何をやめるべきかだ
。」


著者はいいます。

「もっといい人になる」簡単な方法、
それは、「いやな奴であることをやめる」ことだ。


どんな成功者にも 癖があるといいます。
その「癖」も含めて 成功の道を歩んできたのですが、
大きく変わりたい時、 変わる必要がある時には、
その「癖」と向き合う必要がある。

この本では「20の癖」が解説されています。
どれも、思い当たる節があり どきりとするものばかり。

でも、ポイントは いい人になろうとするのではなく、
いやな事をしないこと。


ニュートラルな状態でいること。

これなら出来そうです。

---------------------------

人をジャッジしている自分に気がついたら
ギアをニュートラルにして、
深呼吸してから、発言、行動。

何か ひと言 いいたくなったら
「それって その人の役に立つことか?」
自問してから 言う。
そうでなければ、 「ありがとう」でしめくくる。

まずは、こんな感じで いろいろな自分と
向き合ってみます。

まとまってなくて すみません。
最後まで読んでいただき ありがとうございます。

もう少し、考えまとまったら 整理してみます。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

音楽で癒される

先日、「メンタルヘルスケア・ジャパン2008」という
イベントに行ってきました。

メンタルヘルスに取り組む 複数の企業による
展示会とセミナーが行われました。

展示を見た後に、
牧野 真理子さんの
「メンタルヘルスと音楽療法」 という
セミナーを聞いてきました。

音楽には、やはりメンタル面での効果があるようで、
症状緩和やストレス対処の一環として、治療と併用して、
使われるそうです。(あくまで、併用です)

では、どのような音楽を選ぶといいのか

それは、
その時に「聴きたい曲」が一番いいそうです。

2番目に音楽療法士の選曲
3番目に自然音を基調とした曲

とのことでした。

自分が癒される曲など集めた
マイベストを作ってもいいかもしれませんね。

ちなみに、入眠障害に併用効果があるCDとして

『究極の眠れるCD』が紹介されていました。

究極の眠れるCD

以下で試聴もできます。
CDカタログ(試聴あり)

あと、これもよさそう。
自律神経にやさしい音楽

私は、会場で試聴した
「働く人のメンタルヘルス・ミュージック」 (7月発売予定)が
とても気に入りました。

以前、講義を聞いた 山本晴義先生が
監修をされているようで、 7月の発売が楽しみです。

購入しましたら、また報告します。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。