夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この一年に感謝

2007年もあとわずかとなりました。
この一年 様々な出会いと 経験を積めたことに感謝します。

ブログを通じても たくさんの方と知り合うことができ、またコメントを通じて いろいろ教えていただき ありがとうございました。

本もたくさん 読むことができて 幸せな1年でした。

すべてを通じては 『感謝の心』の 大切さを改めて 感じた1年です。

特に、 『努力できることに感謝』 は座右の銘となりました。

2008年も 努力できることへの感謝を忘れずに たくさんの出会いと経験を積めることに わくわくする1年としたいです。

どうぞ、みなさん よい年をお迎えください。


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

スポンサーサイト

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

古典に戻る

先日、本屋さんで 20歳前後の青年に 年配の方が本を薦めている場面に遭遇しました。

『将来、事業を興すのであれば、これを読んでおくとよいよ』と薦めていたのが

デール・カーネギー

『ハンディーカーネギー・ベスト』

ハンディーカーネギー・ベスト Handy Carnegie’s Best

『人を動かす』 『道は開ける』 『カーネギー名言集』がセットになったもので、
ポケットにはいるハンディーサイズ。
いつでも持ち歩けるのがよいと 言っておりました。なるほど。

「特に、『人を動かす』 『道は開ける』は 今読んで分からないところも 5年後、10年後に読み返すと よく分かるよ」 とのアドバイス。ふむふむ。

私がこの2冊を読んだもの 学生の頃、 でもそれ以来 読んでいませんでした。

なんか、自分に言われたような気がして ほしくなったのですが、その青年は 素直にアドバイスを受けれ購入。

私は、彼がもう一冊薦めていた 松下 幸之助

道をひらく

道をひらく

を購入しました。

松下さんが PHP研究所の機関誌に掲載してた短文から 百二十篇を選んで まとめられたものです。

一つ一つに重みがあります。

カーネギーの『道は開ける』 と松下幸之助さんの『道をひらく』 何かの縁で改めて 読んでみなさいと言われたようで、年初に読んでみようと思います。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

偏愛マップなるものをつくる

齋藤孝の企画塾―これでアイデアがドンドン浮かぶ!


『齋藤孝の企画塾』 という本のなかに、

偏愛マップというのが 紹介されていました。

自分の興味のあることを 紙に書き込んでいくのですが、単に好きなものというより、自分の世界地図をつくる感じだそうです。

さっそく、つくってみました。

一通り書き込んでみると
 
積み重ねてきたこと、 
今年からやりはじめたこと 
興味をもっているけれど手をつけていないこと

などが 一目瞭然となり なかなか おもしろいです。

斎藤さん曰く、何かに影響を受けて自分が成長したり、変わったときなどに、このマップに新しい要素が加わるので、自分の変化がわかるそうです。

ちなみに、今年はカウンセリングの勉強をはじめたので
少し 自分の地図が広くなりました。

全体像がみえて、来年の戦略が立てやすくなりました。

毎年、更新していくと 自分の地図の変遷がわかって おもしろそうです。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

どう受け止めるか

同じ出来事でも 人により受け取り方が違う。
同じ体験も その後の生かし方が違う。


先日のことです。
チームで取り組んでいる プロジェクトに対し、 お客さんから クレームを受けました。

かなり手厳しい意見でしたが、もっともな部分もあり 打開策を考えながら 聞いていました。

会議が終わった後、 チームの一人が、いかに先ほどのクレームが 理不尽であるか、愚痴を言い始めました。

気持ちは理解できます。 
しかし、愚痴からは何も生まれないことを知っているので、受け流し、もう一人のメンバーと、打開策を話し合いました。

それでも、愚痴をこぼしている人は、止まりません。

私は、脳(潜在意識)に これ以上、愚痴を刻みたくなかったので、 用がある旨を伝え、彼から離れました。

『波動が合わないと思ったら そこから離れてみてもいい』

愚痴をこぼしている人には 不思議とクレーム系の仕事がきます。
そして、また愚痴をこぼします。

普通に仕事をしていても、クレームはきます。
しかし、クレームを 受け止め、 真摯に対応すると
逆に、評価に変わります。

「どうすれば、打開できるだろう」 
と問いかければ 脳も 意識、無意識のもとに回答を探しはじめてくれます。

よく、ピンチはチャンスと言いますが、 ピンチの時ほど、脳がフル回転して、最大限によい方向を考えだすのかもしれません。

自分への教訓として、 

困難に直面したときには、愚痴や、いかに困難なのか、を並べるのではなく、脳(潜在能力)の力を信じて  「どうすれば打開できるだろう」「何がベストな方法なのだろう」と 自分自身に問いかけてみます。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

児童文学ですが、素敵です

本多明さんの

『幸子の庭』 を読みました。

日本児童文学者協会の

長編児童文学新人賞 受賞作だそうで、

ジャンルとしては児童文学ですが、

大人でも充分に堪能できる とても素敵な小説でした。


いじめにあい、家にひきこもっている 小学校6年の幸子。

曾お婆さんが人生 最後の旅を 

昔住んでいた幸子の家で過ごすことになった。

曾お婆さんは庭を見るのを楽しみにしている。

しかし、みるもむざんな荒れ放題の庭。

4日に迫った訪問日まで、庭の手入れをしてくれる造園屋さんが

見つからない。偶然に幸子が見つけた造園屋。

手入れにきた庭師との出会い。

庭が蘇るのと一緒に 幸子の心にも大きな変化が・・・・・・・



もともと、詩を書かれている方で、小説のポイントに北原白秋、山崎方代などの

詩が上手く使われています。

次の小説も楽しみです。


ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

根拠なき自信をもつ

茂木健一郎さんの

『感動する脳』を読みました。

感動する脳

脳科学者の茂木さんが、脳の使い方をわかりやすく教えてくれます。

先日、 『心のブレーキの外し方』を読んで、 

潜在能力を上手に使っていくぞ、と思っている時なので、

専門家の立場から 次のような解説、 とても心強いです。

脳は一瞬たりとも休まない

「根拠なき自信」でも脳は自信をもつ


などなど、 

テーマともなっている『感動』については、

感動が多いほど、前頭葉の働きが活発になる とのこと、

ただ、経験、体験を積んでいくと、

最初は感動していたことでも、脳に慣れが生じてくるので、

日々の暮らしのなかで、 常に感動する心を 持ち続けることも

大事だな、と改めて思いました。

移り変わる季節のなかにも 毎日歩く通りのなかにも

仕事のなかにも、新たな発見があるはずですが、 

見過ごしてしまっていがちです。

常識にとらわれすぎることも 脳には刺激がいかないようなので、

常に チャレンジの心を忘れず

感動できる心を磨きます。


そして、 『根拠なき自信』ですね。

これは、自信あります。根拠はないですが・・・・

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

潜在意識をうまく使う

石井 裕之さんの
『「心のブレーキ」の外し方』 を読みました。

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~

潜在意識については、いろいろな本で読んで 分かっているつもりでは、いたのですが、この本を読んで 目から鱗が落ちました。

なぜ、いままで 上手くいかなかったのか、
この本を読んで 納得しました。

潜在意識について、とても分かりやすく書かれています。
(今まで読んだなかで 一番わかりやすいかな)

部分的に紹介しても、真意が伝わらないと思いますので、
内容には 触れませんが、 潜在意識の現状維持メカニズム
が根底の考え方にあります。

何回も読んで、腑に落ちました。

そして、実行に移してみたら、物事をこなせる数が
格段に増えました。

ほんと、ブレーキが外れた感じです。

ただ、気をつけないと、現状維持メカニズムが作動するので、
楽しみながら、続けてみます。

CDも付いており、これもとてもよかったです。

可能性の拡がりに感謝です。
なんだか、楽しくなってきました。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発


テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

目を動かそう

築山 節
脳が冴える15の習慣 を読みました。

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)


脳神経外科医である著者が、生活の中で実行できる
15の習慣を提案しています。

専門的な観点から、すぐにでも取り組める方法を
わかりやすく紹介されています。

興味のある潜在能力の使い方にも触れられており、
生活に取り入れていきたいと思いました。

で、一番 ハッとさせられたのが、目の動きについてです

目の動きと脳は大きく関係しているようで、
『小さな平面』 に目の動きが限定されることに
警鐘を鳴らしています。

『小さな平面』 とは、パソコン、テレビ、携帯などなど

私も通勤の行きかえりに 本を読み、
仕事でパソコン、夜はテレビを見ながら食事という
小さな平面生活に陥っています。

やはり立体的にものを見て 脳に刺激を与えないと
いけないようです。

とりあえず、仕事でパソコンに向かうときも
1時間に1回くらいは、遠くをみるようしようと思います。

脳を冴えさせるために、
意識的に目は 動かしましょう。

ご覧いただき ありがとう ございます!


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。