夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業カウンセラー

前々から 興味があった
産業カウンセラー養成講座を 明日から
受講します。 楽しみです。

社団法人 日本産業カウンセラー協会

が主催する講座で、初級から スタートです。


カウンセリングの知識が ほとんど無いため、

心理カウンセラーをめざす人の本 という本を 読んでみました。

心理カウンセラーをめざす人の本―必要な適性、活躍のフィールド、職場の実際がわかる!

心理カウンセラーの仕事について 
わかりやすく 書かれていました。

本のなかで紹介されていた 基本的な療法について

ウィキペディアで調べてみました。

(自分のための覚えとして、 「続きを読む」 に入れてます)

これから少しずつ 勉強していきます。

ご覧いただき ありがとう ございます!


【“産業カウンセラー”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:心と身体

「毎日、私は向上している」と言ってみる

先日、書いたブログ 朝から、いいことを口にする

では、 毎朝、 「今日もいいことがありそうだ」 と口にすると

脳の中にあるRAS という神経系が 

「いいこと」 に関する情報を

しっかりキャッチして 脳に送ってくれることについて

書きました。

ちょっと 変えてみます。

ここ数日の 経験で得たことから

次のように 言ってみることにしました。

「毎日、私は向上している」

なぜなら、 

毎日、 いいことだけが 起きているわけではなく、

辛いこと 悲しいことも ありますが、 

それも含めて 自分は向上している と

信じることが できそうだからです。

プラスの出来事だけでなく マイナスの出来事からも

日々 学んでいきたいと思います。

向上している と信じて。


ご覧いただき ありがとう ございます!




:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

一番大切なこと

もう一つ 松下信武 さんの文章を
書き留めておきたいので、続けて投稿します。

懸命に努力しても 報われないと 感じるとき
ソクラテスの 次の言葉を思い浮かべよう 
と松下さんは言います。

ソクラテスの言葉

「出来うる限り多量の蓄財や、また名聞や栄誉のことのみ念じて、

かえって、智見や心理やまた自分の霊魂を出来得る限り

善くすることなどについては、少しも気にもかけず、

心を用いもせぬことを、 君は恥辱と思わないか」。
 


思わず すいませんと ソクラテスに 謝りそうになってしまいました。

松下さんはこれを受けて、

「努力したわりに 結果が報われないと 私たちが嘆くとき、
その報いの内容とは、大体、出世や昇給など、
他人による高い評価である。

他人がから どのような評価を 受けるかは、
評価する他人次第である。

自分のコントロール外のことで 思い悩むことは
おろかではないだろうか。」


そんなことよりも・・・とソクラテスが 
処刑前に語ったと伝えられる 
次の言葉を引用しています。

 「一番大切なことは 単に生きることではなくて

善く生きることである」
 
 ソクラテス

他人の評価や 報われることに 気をとられるのではなく

ソクラテスの言うところの 

よりよく生きる

に照準をあわせ そこに向けて 努力していきたいと

思います。

しかし・・・・ ギリシャ時代から全然進歩してないぁ 私ーーー

今度 これ読んでみようと思います。

ソクラテスの弁明・クリトン


ご覧いただき ありがとう ございます!



:スピリチュアル  :癒し :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

敗に因りて功を成す

先々週 仕事上のピンチがあり

悩み、考え抜いて 出した結論が 

以前より 良い結果になったので

為せばなる!  と思っていました。

そうしたら 先週 再び どんでん返しがあり、

再びピンチに・・・・・


途中までは、『禍を転じて福と為す』と思っていたのですが・・・

プレジデントという雑誌に書かれていた 松下信武 さんの コメントが救いになりました。

「禍を転じて福と為(な)し、 敗(はい)に因(よ)りて功を成す」

「禍を転じて福を為す」は有名だが、その後に続く

「敗に因りて功を為す」は知られていない。

「禍」や「福」には、人間の力ではコントロールできない
運や不運が含まれている。


「敗」(失敗)と「功」(成功)には、判断の誤りや、
情報収集の不足など、人間が学ぶことで克服できる
要素が多分に含まれている。
・・・・後略

私の場合、まだ、失敗と決まった わけではないのですが、

「運」 「不運」 のところで 一喜一憂せず

今、起こっている 事実から学びとっていこうと思います。


それから、今、起こっていることを 書けるだけ書いて
自己分析してみました。

浮き上がってきた問題点は、

「達成したい目標」にあいまいなところがある。

目標を実現するために 今やるべきこと(短期的な取り組み)
が明確でない。


などでした。

どこか 行き当たりばったり の

為すがままに生きる 的な考えがありました。

為すがまま も嫌いではないのですが・・・・・

もう少し、 悩んでみます。

ご覧いただき ありがとう ございます!




:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発


テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

上手く行かない時には

上手くいっている時は 「願えば 叶う」 と思い

気持ちを 強くもっていられるけれど、

何かに つまずいた時、 思うように事が 運ばない時、

問題や課題が 山積みのように 感じられ

「何もかも 上手く行かないのでは」 と弱気が顔を出す。

でも たぶん こういう時に 自分の気持ちを

きちんと 見つめる事が 大事なのだと思う。

( ここまで 気持ちの整理ができました・・・ )

何が原因で この事が 起きているのか

一つずつ 見つめていこうと 思います。

ピンチは チャンスと信じて・・・





:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発


テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

朝から、いいことを口にする


よい言葉を口にする

これは、よく見聞きしてました。

斎藤一人 さんの 「ついてる」 も有名ですね。

なるほどと 思っていましたが、

完全には 納得はできて いませんでした。

しかし、今回  ストン と心に落ちました。

ちょっとした習慣であなたの人生は変わる ―思いのままに望みが叶い、最高の自分を手に入れる!―

の著書 佐藤 富雄 さんの 曰く

脳の中にある RAS という神経系が 

情報の門番 の役割をしてくれて、

脳に入ってくる情報を

「これはいらない」 「これは必要」

選抜してくれているそうです。

ですので、

毎朝、 

「今日もいいことがありそうだ」


と口にすると

普段なら見落としてしまいそうな 

「いいことを」

RASが しっかりキャッチして 脳に送ってくれるそうです。

いい言葉を習慣にすると、あとは勝手にRASが

「いいこと」を探し、「悪いこと」をブロック
してくれる。

ありがたいものが 脳の中にあるのですね。

これは 使わない手はない。

毎朝、 

「今日もいいことあるぞー」

と口にしよ!と

ご覧いただき ありがとう ございます!




:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

生活習慣に変化(刺激)を取り入れる

前回、メンタルモデル (行動パターン、 生活習慣) を
変えることに触れました。

では、どのように変えていくか、

インポッシブル・シンキング

によれば、

今までの 経験の積み重ねによって

メンタルモデルが パターン化、 固定化してしまう。

そこで、

新たなモデルを 取り入れていく工夫をする。

それも 急速にモデルを 変化させるのではなく

実験的に 新しい試みを 取り入れていく。

実験によって 上手くいったものを 取り入れていく。

しかし、なんか、イメージがぼんやりだなぁ
と思っていたら

ちょっとした習慣であなたの人生は変わる ―思いのままに望みが叶い、最高の自分を手に入れる!―

という 本に出会いました。

「口ぐせ理論」で有名な 佐藤 富雄 さんの著書です。

毎日、単調な生活を続けていると、脳は停滞していくそうで、

毎日の 「小さな感動習慣」 が大事だ

と佐藤さんは言います。

感動は、

「予定外」 「想定外」 の刺激 によって

得られるのだそうですが、

年を取り、経験を重ねるごとに、

「予定外」 「想定外」 の出来事が減り

感動力も弱まってしまう。

そこで、私は思いました。

毎日の 生活習慣に 何か刺激となる

新しい試みを 取り入れていこうと!


簡単なところでは、

通勤の道を 少し変えてみる
昼食は 行きつけの店以外も いってみる
途中下車してみる・・・・

これだけでも 脳の刺激は ちがうようです

昨日は、仕事帰りに 途中下車して
とても 落ち着いた 喫茶店を 発見しました。

簡単なことから 生活に変化をつけ

自分に刺激を 与えていこうと思います。

もちろん 楽しみながら!


ご覧いただき ありがとう ございます!




:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

限界の壁をとりはらう

インポッシブル・シンキング 最新脳科学が教える固定観念を打ち砕く技法

インポッシブル・シンキング
最新脳科学が教える 固定観念を打ち砕く技法
 を読みました。

心や行動パターンを決める メンタルモデルを

脳科学の観点から 変える技法について 書かれた本です。

メンタルモデルの変化の例

1954年、それまで 1マイル4分の壁は

誰も破ることができず 医者も 人間の限界であり、

その記録を 破ることは 自殺行為だと考えていました。

みんなが 4分は切れないという 

メンタルモデル に縛られるなか、 

イギリスの ロジャー・バニスターは

独自のトレーニングを重ね

1954年 ついに4分の壁を破りました。

しかし、驚くことに バニスターの 驚異的な記録も 

2ヵ月後に破られ、なんと 同じ年に23人もの走者が、

バニスターの記録を破ってしまったそうです。

限界ではない と証明された瞬間から 

多くのランナーの メンタルモデルが 変化し

4分は通過点になっていました。



自分も無意識のうちに 限界の壁を

つくっていると 思います。

自分の 可能性を高めていくためにも

限界の壁を知り

メンタルモデルを 変えていこうと 思います。


まだ、読んでいないのですが、よさそうです。↓

パーフェクトマイル―1マイル4分の壁に挑んだアスリート

ご覧いただき ありがとう ございます!




:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

人生の目的を知ることの大切さ

人生を 実りあるものに したい

成功したいと 思ってきましたが、

ふと 気がつくと

ついつい 求める 成功が

現世利益的 なというか

自分にとって 都合のいい利益に 

なって しまいがちでした

“願えば叶う” “目標を設定” なども

その本質を捉えないと

あれがほしい、 これもほしい と

物質的な 要求にすりかわり がちです



『宇宙が味方する経営』 の 伊藤 さんは いいます


 目的には 2種類ある


まわりを 幸せにする 目的 と

自分だけの幸せ、 自分だけの 繁栄を めざす目的


目的が、 まわりを 幸せにするもの であれば、

天が後押しをしてくれる。
 


“共に栄える喜び” を求める 活動は

まさしく 宇宙を創造した 創造主の

目的にかなったものです。
 ・・・・と


自分も せっかく この世に生を授かった

のですから

自分だけ 幸せという 小さな目的に 陥らないよう

まわりを 幸せにできるような 大きな目的

この世に生まれてきた 本来の目的


に少しでも 近づけるよう

視野を広げて 行きたいと 改めて思いました。

瞑想の大切さも 少しわかった気がしました。

まだまだですけど・・・・・少し灯かりがみえました。



宇宙が味方する経営


:スピリチュアル  :癒し :お金 :自己啓発

ご覧いただき ありがとう ございます!


テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。