夢のつづき、人生の途中

肩の力を抜いて、自然体で過ごそうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

励まされるイチローのメッセージ

仕事柄(まちづくり関係)企画書を書くことが多くあります。何社かが企画書を出し、プレゼンテーションをして、一番いいところが仕事を獲得できるのです。

この企画書づくり、私は好きなのですが、ここのところは書く企画書、書く企画書が

ボツになり10連敗して、

さすがに青くなっていました。以前は、3回に2回の割合で企画が通っていたので、さすがに運がいいとか、悪いとかいうレベルではなく、完璧なスランプ状態に陥ってしまったのです。

今度は、その前に書いた企画書を反省し、改善してきたので、その都度、自信はあったのですが、さすがに10連敗をした時点で、いままでの考えを一度クリアにして、他の人が書いた企画書などを分析しながら、自分の考え方をまとめ直しました。

今までも、他人の企画書は見ていたのですが、自分の尺度で見ていたので、見えるものも見えなかったのだと思います。

10連敗後の私は、まったく謙虚な気持ちで、他の企画のよいところ、自分の企画のよいところ・悪いところを分析し、企画書をまとめました。結果・・・・

企画が通りました。(よかったー)

さて、そんな折に読んだ本が「夢をつかむ イチロー262のメッセージ」です。

この本は、マリナーズ、イチロー選手のインタビューなどから選びだされた262のメッセージがちりばめられています。(1ページに1メッセージの形式になっています。)

読む人の状況などで、感銘を受けるメッセージ異なると思います。
私が心を動かされたメッセージは、

夢をつかむことというのは、一気にはできません。
ちいさなことをつみかさねることで、
いつの日か、信じられないような力をだせるようになっていきます。

(日本の野球少年に向けての言葉・2004年)


満足の規準は、少なくとも、誰かに勝ったときではありません。
自分が定めたものを達成したときに、出てくるものです。

(大リーグ安打記録を達成したときの言葉・2004年)


ヒットが出ない試合が続いていて、
次の試合の1打席目でもヒットが出ないと、
今日もダメかと思ってしまう人が多いと思います。でもそこが大事。
きっかけをつかむために、次の打席も集中する自分でないと、まずいですね。

(シーズンオフの言葉・2003年)

「夢をつかむ イチロー262のメッセージ」より
イチロー 262のメッセージ
すごいですね。そんなに多くを語る選手ではないと思いますが、一言一言の重みが違います。自分も、深みを増していきたいです。

<今日の気づき> 夢に向かって1歩、1歩が進むことが大事

よろしければ クリック お願いします!

スポンサーサイト

お金を味方にする方法

『すべては「単純に」でうまくいく』に示された第2段階は、「お金」です。第1段階の「モノ」の整理=身の回りをシンプルにすることと、第2段階の「お金」には密接に関係があるようです。著者いわく、

「お金というものは、執着を捨てて初めて手に入る」

ものなのだそうです。そうかー、執着しすぎていたもんなー。

その他、含蓄のある言葉やアイデアが多々書かれていますが、私がなるほどと思ったところは、

本当の豊かさに達するための第一歩は、
『物は少なく、お金は多く』というくだりです。つまり、お金は未来に投資できるものであるけれど、物はそこで終わってしまう。だからこそ、お金を味方につけておくことが大切なのだと理解しました。もちろん著者は、お金を循環させることの大切さも説いています。

その他にも
「決まった額を寄付する」
「世界が豊かだと考える」
「他人が豊かになることを願おう」

など、など共感できる内容が多く書かれていました。特に、色々な本に「寄付」の大切さが触れられています。(特に外国の著者はかならずといっていいほど言っていますね。)

私も、丁度この本を読んだときに、新聞の記事で、ラオスの子どもたちの就学支援についての記事を読んで、寄付を実行に移しました。1万円で1年間、勉強できるって、すごくないですか。日本での一万円の価値は、飲みに行ってしまえばすぐ終わってしまうけれど、

ラオスでは1年間、一人の子どもが学校に行ける
のですよーーー
。なんか、一生懸命勉強してくれている子どもがいると思うと、自分自身の励みにもなります。私が見た記事(東京新聞)は、日本民際交流センターの支援についてでしたが、他にも色々あるようです。
参考まで
ダルニー奨学金
(←奨学金の詳細が分かります)

<今日の気づき>お金を味方につけよう!

よろしければ クリック お願いします!

シンプルにいこう!

「ストレスがみるみる消えると評判の本」という帯に惹かれて読んでみました。

本のタイトルは『すべては「単純に」でうまくいく』です。

読んで早速、机の上、机の中、身の回りを整理しました。すっきりしたー。なんか、分かるような気がします。ごちゃごちゃとした空間、読み残した本、新聞、雑誌などが散乱していては、物事が上手くいかないよなーと薄々感じてはいたけれど・・・・やっぱりね。片付けるというより、捨てました。

この本には、シンプルな人生を送るためのステップとして、7段階のピラミッドが示されています。ピラミッドの一番上から、

「あなた自身」
「パートナー」
「人間関係」
「健康」
「時間」
「お金」
「物」

となっており、それぞれ具体的なアイデアが書いてあります。

今は、お金に挑戦しています。

住宅ローンの借り換え手続きをしている最中です!3つのローンを一本化して、かなり得になりそうです。参考になると思いますので、その様子もお伝えしていきたいと思います。
<今日の気づき>やっぱ身の回りはシンプルなほうがいい

すべては「単純に!」でうまくいく

よろしければ クリック お願いします!

取引をしないという選択肢

7つの習慣のWIN・WINの法則はすごいと書きましたが、日常のなかで、どうしてもWIN・WINにならない時があります。

そんな時は

「No deal(取引をしない)」
という選択肢があります。

例えば、朝の満員電車。私はあのなかで、WIN・WINができるほど、精神が成熟していないので、とりあえず「No deal(取引をしない)」という選択肢により、各駅停車の電車にのってます。満員電車での押した押さないの駆け引きもないし、夏はすずしく、本を読んだり、考え事をしたり。一日のスタートが気分よくはじまります。
<今日の気づき>お互いにメリットがないときは、取引しない

7つの習慣―成功には原則があった!

よろしければ クリック お願いします!


テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。